宮崎県のヒトコミュニケーションズのお仕事は交通費込み

オリジナル見出し01

ヒトコミュニケーションズは原則として交通費を支給していませんが、場合によっては支給することがあります。

しかし、適当にヒトコミュニケーションズのお仕事を確認してみると、みんな「交通費全額支給」のものばかり見つかります。その理由ですが、「都市部は交通費を支給するが、地方はあまりしない」傾向があると筆者は考えています。

都市部と地方は電車の交通網が全くと言っていいほど異なります。

各都道府県の100km2あたりの駅数のデータによると、東京が35駅に対し、全国平均は2.5駅程度です。

宮崎県に至っては1を切ります。なお、沖縄は北海道を抜いてワースト1位ですが、それは単純に沖縄には駅がほとんどないからです。モノレールが15駅あるだけです。

こうした地方で交通費を全額支給すると、バイト代よりも交通費の方が高く付いてしまう可能性が高いです。
そもそもどの企業だって、社員は低コストで雇いたいと思っています。

能力が同じでしたら、社員に支払う給料が安い方を誰だって選びたくなりますよね。
交通費の存在は企業にとっては迷惑以外のなにものでもないのです。

株主プロ 【 ヒト・コミュニケーションズ (3654) 有価証券報告書一覧ページ 】

だからこそ、駅が少ない地域ではヒトコミュニケーションズは「交通費は支払わない」ことにしているケースが多いのだと思います。



ヒトコミュニケーションズが扱う宮崎県のお仕事は、どれも「交通費込み」です。
宮崎市が勤務地ですが、宮崎市はかなり広いです。
約40万人の方が住んでいますが、その人口密度は620人/km2になります。参考として、世田谷区の人口密度は15840人/km2です。桁が全然違いますね。



世田谷でしたらちょっと歩くだけで駅がありますが、宮崎は駅がほとんどなく、遠方への移動がかなり大変かもしれません。


ヒトコミュニケーションズの宮崎県のお仕事をするなら、自転車で通える程度のところを選びましょう。
駅が76個しかない宮崎県ですが、仕事内容は都市部と全く一緒です。

東京と同じように、携帯電話やテレビ、ドライヤーを売ります。


給料も安いので、やはり都市部に進出するのが良いかもしれませんね。

関連リンク