ヒトコミュニケーションズが免税します

オリジナル見出し01

普段、海外旅行をしていませんと、免税の仕組みが分からないかもしれません。

ちなみに、国ごと(店舗ごとかも)に免税の仕組みは異なりますので、旅行の際はご注意ください。

日本の地で外国人観光客が免税店でお買物をすると、その商品には消費税が加算されません。

ヒト・コミュニケーションズ[3654] : 株式/株価 : 日経会社情報DIGITAL : 日経電子版

仮に10万円の物を買ったら、消費税8、000円分を支払わなくて済みます。

ちなみに、帰国時にその商品を持参しておきませんと、課税されるそうです。

ワインなどは家に帰ってから飲んだ方が良さそうですね。
よほどのレアモノでない限り、一般的な外国人観光客は免税店のみでお買物をします。



同じ商品を買う時に、消費税分安くなるわけですから、免税店を利用しない訳がありません。

しかし、どの店舗でも免税店になれる訳ではありません。単純な話、外国語に対応していないといけません。
また、国による書類審査もあります。
ヒトコミュニケーションズは、そうした審査に合格させるためのサポートを事業として行っています。
ヒトコミュニケーションズには、言語に精通した派遣社員が多数いますので、英語や中国語を話す外国人への接客を可能としているのです。


また、ヒトコミュニケーションズは免税カウンターへの派遣の仕事も取り扱っています。

そのための研修制度もしっかりと整っています。
税金の仕組みを全く知らなくても、英語や中国語さえ話せれば、バッチシです。


自分の店舗を外国人観光客に対応したいと考えている経営者は是非、ヒトコミュニケーションズに相談してみてはいかがでしょうか。



関連リンク